会社業務を効率化!キーペアまで理解して安全にawsを運用する

会社の業務を低コストで効率化したいが、どうすればいいのか分からない。クラウドサービスやクラウドコンピューティングサービスという言葉は聞いたことがあるが、詳しくは知らないし、安全性にも不安がある。この記事では、そういった悩みに対し、効率化に必要な考え方や、クラウドコンピューティングサービスについて最低限必要な知識をわかりやすく紹介します。

初心者でもわかる!そもそもクラウドとは?

クラウドとは、簡単に言えば、「サーバーなどの設備を導入しなくても、一台のパソコンと、インターネットに接続することができる環境さえあれば、インターネットを通してストレージ、データベース、サーバー、アプリケーションといった様々なサービスをオンデマンドで利用することができるもの」を意味します。

クラウドを使用すれば最低限の設備で、大容量のストレージや必要なリソースに容易にアクセスすることができるということです。また、クラウド、クラウドコンピューティングを使ったサービスをクラウドサービスやクラウドコンピューティングサービスといいます。

代表的なクラウドサービスaws

awsとはAmazon Web Servicesのを省略したものです。これは、Amazonが提供している様々なクラウドコンピューティングサービスの総称で、awsの世界における顧客数は数百万、日本国内だけに絞っても数十万に上っており、awsは世界中の人が利用するもっとも代表的なクラウドサービスとなっています。

awsが提供するサービスには何がある?

AWSには大雑把に分けても90以上、さらに細かく分ければすると700以上ものサービスが存在しています。使用者は大量のAWSのサービス中から利用したいサービスを選んで、大量のデータを保存したり、データベースを利用したり、仮想サーバーの環境構築をしたり、それぞれに目的に合わせて使用しています。

そのため、一口にawsと言っても、利用可能なサービスには本当に様々な種類があるのです。

その中でも、最も代表的なサービスのひとつがAmazon EC2です。仮想サーバーを作成し利用することが可能なサービスで、必要に応じて簡単にスペックを変更できるのが魅力となっています。仮想サーバーとは、名前の通り実際には存在しないサーバーで、仮想サーバーを複数作ることで、複数のOSを使うことが可能となります。

awsを使うメリットは?

awsを使うメリットの代表的なものは、三つあります。一つ目は、初期費用がかからないことです。awsを使用するには、サーバー機器を購入したり、設置するスペースを借りなくてよいので、始めるにあたって初期投資をする必要がありません。

料金はクラウドサービスを使った利用料に応じて決まります。二つ目は、すぐに利用を開始できることです。わざわざ、サーバーを選んだり、設定を行う必要がないので。使用者は、利用を開始したいときにすぐに使い始めることができます。

準備期間がなくなるので、余分な時間や人件費を削減することにつながります。三つ目はセキュリティ面での安心です。自社ですべての管理を行おうとすれば、それだけの知識を持った人材を確保しなくてはいけなくなり、人件費がかかりますが、awsの場合、クラウドの専門家であるサービス提供側が、最新のセキュリティ処理を責任をもって施してくれるため、自ら管理する負担がありません。

awsのデメリットは?

awsを使う上でデメリットといえるものは二つあります。一つ目は、awsは使った分だけ払う従量制の課金となっているため、月にどのくらいかかることになるのかあらかじめ予想することが難しくなっていることです。

そのため、使った容量を確認せず、むやみに使用していると、使用料によっては、定額制よりもかなり高くついてしまう可能性もあるといえます。

コストが固定ではなく変動制になっているメリットを生かすためには月々の使用料をきちんと見積もって、適切に利用することが必要でしょう。二つ目は、awsには大量の様々な種類のサービスが存在するため。自社に必要なサービスがどれなのかを適切に選択することが難しいということです。

加えて、awsは環境は提供してくれますが、トラブルが起きた際には自分で対処しなければいけないので、問題が発生したら、一気に負担が重くなることもあります。そのためITに関する豊富な知識を持っている人間が社内にいない場合は、awsのように少し複雑なサービスを使うのは一度考え直してもいいかもしれません。

awsを安全に使うには?

awsの中でももっとも代表的なサービスのひとつがAmazon EC2ですが、これを安全に使用するためには最低限必要な知識があります。まず、awsでは、EC2と通信をするときにSSHを利用して認証する仕組みを構築する必要があります。

SSHとは、悪意を持った人がサーバーにログインして被害を与えるのを防ぐことができる方法のことです。SSHには二つの認証方法があり、一つ目がパスワード認証方式で、もう一つが公開鍵認証方式です。パスワード認証方式ではパスワードが誤って流出してしまう可能性もあるため、公開鍵認証方式を利用するのがよいでしょう。

公開鍵認証方式とは?

公開鍵認証方式とは、一言でいえば「公開鍵暗号方式を利用して、サーバーに公開鍵を登録して、ユーザーが秘密鍵を持っているか確認することで認証を行う」方式です。公開鍵暗号方式とは、キーペアを使って暗号化を行う方法のことです。

キーペアとは?

キーペアとは、その名の通りキー、つまり鍵のペアのことで、公開鍵暗号方式では公開鍵と秘密鍵のペアを意味します。ユーザー側にばらまかれている鍵を公開鍵、たいしてサーバー側だけが持つカギを秘密鍵といいます。誤って秘密鍵をユーザー側に転送してしまうと、データがすべてユーザー側に流出してしまうことになるのでそれだけは気を付けなければいけません。

公開鍵認証方式は、公開鍵暗号方式、キーペアなど様々な知識が必要とされ、初期設定は大変ですが、通信する際の安全性はとても高いです。鍵を持っていないユーザーからのログインは基本的に不可能なので、鍵のファイルをきちんと保管して、悪意をもったユーザーから大切な情報を守りましょう。

aswを使って安全に普段の業務を効率化しましょう

awsを利用する上で知っておかなければいけない知識は、多くありますが、安全に運用していくためには欠かすことはできません。awsを利用すれば、最小限の設備、最小限の投資で、ストレージ、データベース、サーバー、アプリケーションといった様々なサービスをオンデマンドで利用することができます。

awsのメリットを有効活用するためにも学び続けることが大切です。

関連:awsって何?運用のメリットも詳しく解説!

参考資料「AWS監視・運用 マネージドクラウド | CloudCREW | GMOクラウド株式会社」https://managed.gmocloud.com/managed